KWTOOLサービス規約

第1条(趣意)

KWTOOL規約(以下、「本規約」)は、データ・サイエンティスト株式会社(以下、「弊社」)のDMP(データマネジメントプラットフォーム)ソフトウェアシステムである「KWTOOL」(以下、「本サービス」)の利用に関する、本サービスの利用者と弊社との間の権利義務関係について定めるものです。
尚、本サービスには、ソフトウェアサービスのみならず、関連する電子媒体及び印刷物媒体を全て含みます。

第2条(同意)

ユーザー(非会員ユーザー及び会員ユーザー)は、本サービスの利用を開始することにより本規約に合意したものとみなします。

第3条(入会及び本サービスの利用)

本サービスのユーザーのうち、会員登録画面から弊社の定める一定の情報を弊社に提供することにより申込登録を行い、弊社が登録を承諾したユーザーを「会員」と呼びます。会員は、登録したIDとパスワードを用いて本サービスを利用することができます。

第4条(無料サービス)

第5条に記載されている有料サービスを除いて、「KWTOOL」のほとんどのサービスは、無料で期間の制限なくご利用頂くことができます。

第5条(有料サービス)

会員は、自らの意思で、一部の有料サービスに申し込むことができます。会員は、申し込んだ期間のみ、有料サービスを利用することができます。「自動更新」の記載があるサービスについては、会員が自ら停止の手続をしない限り利用期間が自動的に更新され、以後も同様に更新されます。

第6条(登録審査)

弊社は、会員登録を申請したユーザーが以下のいずれかの事由に該当する場合には、登録及び再登録を拒否することがあります。その場合、拒否した理由については一切開示しません。

  • 弊社に提供した登録事項の全部又は一部につき虚偽、誤記又は記載漏れがあった場合
  • 未成年者、成年被後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、補佐人又は補助人の同意等を得ていなかった場合
  • 反社会的勢力等である、又は、資金提供その他を通じて反社会勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていると弊社が判断した場合
  • 過去に規約違反又は未精算金があり、又は、そのような者の関係者であると弊社が判断した場合
  • その他、弊社が登録を適当でないと判断した場合

第7条(禁止事項)

ユーザーは、本サービスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為又は該当すると弊社が判断する行為をしてはなりません。

  1. 法令に違反する行為、又は、犯罪行為に関連する行為。
  2. 弊社、本サービスの他の利用者又はその他の第三者に対する詐欺又は脅迫行為
  3. 公序良俗に反する行為
  4. 弊社、本サービスの他の利用者又はその他の第三者の知的財産権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利又は利益を侵害する行為
  5. 本サービスのネットワーク又はシステム等に過度な負担をかける行為
  6. 本サービスの運営を妨害するおそれのある行為
  7. 本サービスのネットワーク若しくはシステム等に不正にアクセスし、又は、不正なアクセスを試みる行為
  8. 本サービスの他の会員のID又はパスワードを利用する行為
  9. 本サービスの内容や機能を調査したり、データを自動収集する行為
  10. 本サービスのシステムのリバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブル等、本サービスのデータやシステムを解析しようとする行為
  11. 本サービスを翻訳、修正又は改変する行為
  12. 反社会勢力への利益供与
  13. その他、弊社が不適切と判断する行為

第8条(譲渡禁止)

ユーザーは、弊社の書面による事前の承諾なしに、本サービスを利用する権利を第三者に許諾、再許諾、譲渡又は承継させることはできません。

第9条(会員情報)

会員は、最新の正確な個人情報を登録し、変更が発生した場合は速やかに更新を行うものとします。

第10条(帰属)

ユーザーは、KWTOOLが提供する情報について、それが自身の知的財産権を侵害するものでない限り、弊社に対し、変更又は削除等の要請を行うことはできないものとします。尚、何らかのやむを得ない事情により、当該情報の変更又は削除等を弊社に要請する場合には、当該作業にかかる弊社所定の手数料を支払うものとします。
ユーザーは、利用期間中及び利用終了後5年間は、本サービスと類似する機能を有した他のサービスを制作したり第三者に提供したりすることはできません。

第11条(ID・パスワード)

会員は、ID及びパスワードの管理責任を負い、自分だけで使用するものとします。会員は、パスワード等の盗難、紛失その他の事由により管理能力を喪失した場合は、速やかに再発行の手続きを行うものとします。不正に利用されたことによる損害に関する責任については会員が負うものとし、弊社は一切の責任を負いません。

第12条(権利帰属)

本サービスに関する知的財産権は全て弊社又は弊社にライセンスを許諾している者に帰属しており、本規約に基づく本サービスの利用許諾は、本サービスに関する弊社又は弊社にライセンスを許諾している者の知的財産権の使用許諾を意味するものではありません。

第13条(ユーザーのデータ)

ユーザーが本サービスを利用して当社のサーバー等に投稿、アップロードその他送信するデータ(以下「ユーザーデータ」といいます。)の著作権等は、データを創作したユーザー自身に帰属します。
弊社は、ユーザーデータを、本サービスの提供に必要な範囲で、変更、切除、加工その他の改変をし、これを公開することができるものとし、ユーザーは、弊社に対してこれらを許諾するため必要な権原を有していることを確認した上でアップロードその他送信をするものとします。
弊社がユーザーデータ及びこれに由来するデータ等を公開する際には、ユーザーの選択に基づき、ユーザー名を公開したり、または非公開にしたりすることができるものとします。ユーザーは、弊社及び弊社から権利を承継しまたは許諾された者に対し、著作者人格権を行使しないことに同意するものとします。

第14条(秘密保持)

弊社及びユーザーは、相手方の事前承諾がない限り、相手方の秘密情報を第三者に開示したり、本規約所定の目的以外のために使用しないものとします。ただし、次のいずれかに該当する情報については、秘密保持義務を負わないものとします。

  • 個人が特定されないように情報に充分な加工が施された情報
  • 開示を受けた後、情報受領者の責めによることなく公知となった情報
  • 開示を受ける以前に、情報受領者が知得していた情報
  • 開示を受けた後、情報受領者が正当な権限を有する第三者から開示を受けた情報
  • 法令又は裁判所の命令により開示が必要とされる情報

本条に基づく秘密保持義務は、本サービスの利用終了後も、有効に存続するものとします。

第15条(支払)

有料サービスの利用を希望する会員は、本規約及び各サービス毎に記載されている案内文をよく読んだ上で有料サービスに申し込むものとします。
有料サービスのアップグレードを申し込んだ場合、設定した開始希望日からアップグレードされたサービスを利用することができます。ダウングレードを申し込む場合、既に利用しているサービスの利用可能期限日の翌日以降を開始日として設定することができます。
支払いに係る振込手数料及び消費税相当額その他の租税公課は、会員が負担するものとします。
会員が支払いを遅延した場合、弊社に対して年率6%の遅延損害金を支払うものとします。

第16条(品質)

本サービスは、使用している外部通信回線、ソフトウェア、電気設備等の保守や不具合の影響を受けることがあります。また、情報収集先の状態に影響を受けることもあります。これらに起因するサービスの品質変化や停止等によってユーザーに生じた損害について、弊社は一切責任を負うことはできません。

第17条(サービス変更、廃止)

弊社は、本サービスの全部又は一部を予告なく変更することができるものとします。サービスの全てを廃止する場合、会員に対しては事前に通知するものとします。これらに起因してユーザーに生じた損害について、弊社は一切責任を負うことはできません。

第18条(サービス停止)

弊社は、ユーザーが次のいずれかに該当する場合には、通知又は催告なく当該ユーザーの本サービスの利用を停止し、又は、会員登録を抹消できるものとします。

  • 登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合
  • 本規約のいずれかの条項に違反した場合
  • 支払期日までに料金又は遅延損害金を支払わない場合
  • 手形、小切手が不渡りとなった場合
  • 差押、仮差押、仮処分又は競売の申立て若しくは租税滞納処分を受けた場合
  • 破産、会社更生手続、民事再生手続、その他法的整理手続の申立てを受けたとき、又は清算に入った場合
  • 解散又は事業の全部若しくは重要な一部を第三者に譲渡したとき
  • 監督官庁から営業取消し、停止処分を受けた場合
  • その他本契約に基づく債務の履行が困難であると認めるに足る相当の理由がある場合

ユーザーが上記のいずれかの事由に該当する場合には、弊社に対して負担する債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに弊社に対し全ての債務の支払いを行わなければなりません。

第19条(退会)

会員は、画面上で退会申込みを行うことにより解約できるものとします。会員の債務は、利用契約終了後においても債務が履行されるまで消滅しないものとします。

第20条(免責)

弊社は、本サービスがユーザーの特定の目的に適合すること、期待する機能・商品的価値・正確性・有用性を有すること、ユーザーによる本サービスの利用が登録ユーザーに適用のある法令又は業界団体の内部規則等に適合すること、及び、不具合が生じないことについて、何ら保証するものではありません。弊社は、ユーザーが本サービスを利用した結果生じた、第三者との間の紛争等については、一切の責任を負いません。
弊社が有料サービス会員に対して負う賠償責任の総額は、当該損害の発生時点から遡って3ヶ月分の対価の総額を超えないものとします。

第21条(規約変更)

弊社は、ユーザーの承諾なく本規約を変更することができるものとします。最新の規約については、弊社が運営するホームページに掲載いたします。

第22条(損害賠償)

ユーザーが次の各号のいずれかに該当し、弊社に損害が生じた場合、弊社は損害賠償請求を行うことがあります。

  • 本サービスに過大な負荷をかける行為を行った場合
  • 本サービスのデータやシステムを自動プログラムによって解析しようとする行為を行った場合
  • 本サービスのデザインや仕組みを模倣したと判断される場合
  • その他本規約に違反する行為を行った場合

第23条(管轄裁判所)

ユーザーと弊社との間の紛争については、東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。